2006年07月18日

アリアバート国民に

ついにアリアバート国民になった。
・・・ついに?





国家ミッション、実は、途中なんですけどね。
仕官するともうできないみたいなので、クリアしてから仕官するのが妥当な道順なんだろうけど、、、、

王子って、おつかい的なゲームプレイ、キライなタイプなんですよね。
だからマビでもG3、未だに終わらせられてないという・・・・

そして私、ミッション的なゲームプレイ、キライなタイプなんですよね。
だからマビでも探検レベルあげに熱中できないという・・・・・




続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月17日

本日、ハム作り

昨日、王子がスモークチップをいっぱい作ってくださったので、ハム作りに挑戦してみることにする。

レシピを見ると、羊のハムだとヒールリーフ、豚のハムだとゴールデンリーフ。
うさぎのハムだとガジャの葉で、鹿のハムだと。。。。ブツブツブツ

まぁ、いいや。とりあえず、全ハム共通の塩を取りに行くことにしよう。





まず岩塩を掘って、それを工房に持ち込み塩を作る。

すごいな、塩作りから自分でやるなんて、、、、ステキなナチュラルライフ?
ナチュラルライフなのか貧乏だからなのか、微妙なラインだけど。。。

(いーえ、全然、微妙じゃないです。この場合、ベルさんが貧乏だからです!!)





羊のハムに必要なヒールリーフを、この岩塩のそばに生息する豚君が落とすので、ついでに豚狩りをすると、ヒールリーフより豚肉のほうがどんどん貯まっていく。

・・・・予定変更。豚のハム作りも追加。
しかし、豚のハムにはゴールデンリーフが必要。。。。





ゴールデンリーフは、トラップフラワーがドロップするのでコンゴウ平原に飛び、狩り集める。

帰り際、城のそばの羊たちを仕留めて羊肉を確保し、香草焼きに必要なキュアルートも手に入ったので食材店に寄りグリーンピースを買い、工房にこもって調理。

なんか、バラバラなところから材料集めてこなければならないし、集まる数にはバラつきがありすぎだし、結局、季節的に購入しなければならないものもあるし、いまいちスッキリしない。

続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月16日

いつか、きっと、いつか・・・

昨日、毛とアニマル皮が持ちきれないほど収穫できたので、さっそく工房に篭ってお裁縫のスキル上げに励みます。





できあがった革の帯やロープや衣類を卸すため、工房と洋服屋さんの間を何度も走り回る。
おかげさまでお裁縫、☆3つランクになりました^^

2万以上資金がたまったので、露店を覗きに行く。
お目当ては蘇生の巻物だったのですが、私ったら、額を勘違いしてましたよ。
約15,000G〜20,000Gで売ってるのかと思ってお金をコツコツ貯めていたら、190,000Gでした;;





コツコツ働いて貯まる額ではございませんじゃないですかぁ。
どうやってみんなお金を調達してるのだろう。。。。

・・・・ま、蘇生は重要だから、それを手に入れる方法なんて、いつか、時期が来たら王子がきっと何とかしてくださるにちがいない。

そう思ったので、大金のことは忘れてちょっと出かけることにした。
どうしても行ってみたいとこがあるのですぅ^^





じゃ〜〜〜〜ん^^


ナグーよ、ナグー!!ここに来て見たかったのぉー!
かわいいいいいーーーー 黒ハート まじかでみたら、スッゴイ可愛いじゃないですかぁ!

飼い慣らすことが出来れば、これに乗れるらしいのですよ。
ベルアイルでは馬でなく、ナグーに乗って走り回るみたいなのですよぉー。

・・・乗りたい!絶対、乗りたいのだけどぉ、どうやら私に必要な塊片がたりておらず、ナグーを捕獲するスキルが修得できないそう。。。

残念;;
いつか・・・、きっといつかぁ。。。





王子が工房に篭り、スモークチップをたくさん作ってくださってたらしい。

飛んだついでに、昨日のファウのところで毛と皮を狩り集め、飛んでお城に戻る。
気持ちいいわ〜、これ〜^^

続きを読む
posted by Velvety at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月15日

う・さ・ぎ ♪

光魔法があと0.4スキルあがれば、「クレリック」の称号がいただける。
王子は「ソードマン」称号がとっくの昔にすでについてるけど、私はまだ無冠だったため、憧れる称号w

なので、光魔法のスキル上げをやってみる。





今まで時間がなかったのと、力がなくて殺されちゃいそうだったので、一人で狩りらしい狩りに挑戦するのは初めてだということに思い当たる。

全体魔法の「光の矢」も使用したこと、1回くらいだったかもしれない。

手に入れた頃は弱かったから、一発で仕留められないと生き残ったものたちが一斉に追いかけてくるので、怖くて使用できなかったのです。





でも、一唱で複数退治がそれなりにできるレベルに到達していたことを知ると、快感で、やりだしたらとまらないw

たった光スキルの0.4あげる間に、防御スキルが9あがり、アニマルリベットが着れる防御スキル値に・・・・昨日、ハイドシリーズ作ったばっかだというにw

そして、めでたく「クレリック」になった私。ヽ(^・^*)ノ わ〜い♪





防御スキル値があがったことにより、リベットシリーズが着れるようになったので、手袋と靴作りを挑戦しに街に戻る。

成功率10%台のリベットシリーズが、なんと、一発成功でできあがる!
嬉しくて、王子に見せて褒めてもらいたく、叫ぶw

「王子、どこー??」

王子、わざわざ狩りを切り上げ、コンゴウから飛んで戻って来てくれた。
会えて嬉しい^^





5月25日から6月30日の間に課金した人に、「ウサギ帽子」がプレゼントされるというメールをいただいていたので、外務省長官に会いに行く。

しかしベルアイルって、こういうイベントを事前に宣伝文句で言うのではなく、あとから該当者にあげるねーって知らせてくるあたり、ふところが大きく感じて好きですよw





・・・かっこいいなぁ、この外務省長官。。。好みのタイプだわ。。。
王子がいるにもかかわらず、うしろからそんなこと思って長官を見ていた私です。
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月14日

決して覗かないでください

羊たちとのお戯れのおかげで、ハイドチュニックが着れる防御スキル34まで到達したので、
本日、THE 工房生活。工房に篭ります。

いいですか?
私が出てくるまで、決してこの扉を開けたり覗いたりしてはいけませんよー^^
( ベルさん、何の恩返し? 自分の防具作るんでしょ?^^; )





王子が今まで調達してくださっていた材料群を全て銀行倉庫からドサドサ引っぱり出し、工房に持ち込む。

ハイドフィスト(手袋)・ハイドレギング(ずぼん)・ハイドサバトン(くつ)・ハイドチュニック(胴)
オール黒色で作るのよー♪ カラスもまっつぁおよ!

まず、獣の毛をヨリヨリして糸を作り、次に、糸をよりあわせてヒモを数本作り、また、糸からはカシャカシャ布を数枚織りあげます。





そして、王子が剥いできた獣の皮を丸太でたたきなめしてから、お湯でぐつぐつ煮詰めます。
煮詰めるのとは他に切り裂いて数本革の帯も作っておきます。

続きを読む
posted by Velvety at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月12日

ベルアイルの美しき風景

昨日に続いて防御ランクをあげてます。





ベルアイルのマクロ機能ってすごく便利ですね。
(一つのボタンに行動を12個くらいまで登録することができ、そのボタンを押すと、その登録行動を一気にやってくれるという機能)

「自分に治癒」(”ターゲットを自分 → 魔法「治癒」を唱える”で登録)や「王子に治癒」や「戦闘装備に着替え」や、いろいろ作ってみることがまた楽しいw

うまく、できると何気に感動し、一人だけの喜びにひたれるw

ベルアイルの「休息」はHPMP回復が終わると自動でいきなり立ち上がるので、今日は「休息」とモーションの「座る」をセットにマクロを作ってみた。





おおー!
景色を見ながら回復後もゆっくり座ってます^^
これで怪我してなくてもパッと座れるわ^^

それにしても美しい夕焼けです♪ +.゜゜+.ヾ(´∀`*)ノ 美しいぃ〜 +.゜+.゜゜+
思わずパチリと撮影しちゃうw

(・・・・今、日記にのせて、初めて気になった。これって、、、、パンツ見えてる?それとも、スカートの色部分?・・・・ま、いいや。)

防御が33までいったので、ハイドスリーブ(袖の部分のみ)を作って着てみることに。
昨日の王子がくださった染料がまだ残っているので、レザーチュニックと合わせて黒が作れるはず。





っキャー!!
レザーチュニックと合わせても全然おかしくないじゃないですかぁ^^

王子がまた黒染料つくってくださってる様子なので、王子のお弁当用材料をゲットしに出かける。





この絵の題名「月と豚」

続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月11日

さぁ、羊よ!かかってきなさい!

さて、このままでは生き残っていけないので、防御スキル値をあげることに。

王子が着てる雲リベを切れるようになるまでには 防御スキル値50まではあげねばならず、現在 4とかw
まずは、35で着用できるハイドシリーズを目標にいってみよぉ!

自分に治癒魔法をかけながら羊とたわむれてると、どんどんあがるあがる。
あっという間に15。





レザーチュニックがスキル値9で着れるため、目指しているハイドの前に、自分でレザーチュニック作ってみようかなぁ。
色は黒がいいなぁ。。。。

王子はよく石を掘ってるので、黒染料を作れないか、聞いてみる。
嬉しいー、作ってくださるらしい〜^^





ベルアイルの防具の種類としては、「レザーシリーズ」→「ハイドシリーズ」→「リベットシリーズ」の順に防御数値が高くなってるみたい(鎧はまた別よ)。

さらに、それぞれのシリーズの中でも材料の皮が「アニマル」→「リザード」→「ビースト」→「グリフォン」の順に高性能になっていく、と、王子談。

王子の雲リベはリベットシリーズのグリフォンが材料な、魔法使いが着用する防具の中では今のとこ一番優秀なのではないかという代物。

アニマル以外は色が染めれず、材料の皮ごとに決まったカラーなとこが残念なとこなのだけど。





王子が染料を作成している間も、引き続き、羊と戯れ防御スキルをあげる。
さぁ、羊よ!どこからでもかかってきなさい!(羊には強気なベルさんですw


どすこ〜い!!!


羊君、よくやった^^
おかげで防御スキル値25まで今日、あげることができました^^
どのスキルも、このくらいまでは簡単にスイスイあがっていきますね〜♪

ハイドチュニックを着るためには35必要なので、まだまだ、もうひと頑張り必要です。



続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月10日

もう一つの国「カルガレオン」へ

ボーダー観光といきますか。ウロウロウロw
なんかね、、、、好きなんです、こういう趣きある雰囲気の街。





バーナー作成したから、運があたったときは城下の街並みがトップバーナーで現れるかも^^
お店の配置が使いやすそうに並んでいます。
活気があり、昨日に引き続き賑やかです。さすが商業の国。





アリアバートの民は、王子が着てらっしゃる雲リベ防具が一般的ですけど、こちらだと違うみたい。

雲リベを着てる方は巻物を売っていたりします。
ということは、たぶん、魔法使い系なんだわw

王様に挨拶に伺うと、なんて魅力ある王様でしょう。
ラフな感じが親近感を生みます。





と、観光を楽しんでると、王子がアリアバートの不思議な帽子屋さんの魔女に捕まってしまったもよう。

「・・・冗談にならないかも たらーっ(汗)

という、王子から漂う悲壮な様子から、アリアバートに急遽、魔法で飛ぶ。



続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月09日

お初の国外旅行「ボーダー」へ

さて、王子の協力あってビキニボトムがめでたくできました。

・・・ん?

工房を出るとなんか、、、私、大きくなった?





一緒にベルアイルを始めたわけですから、王子ももちろん大きくなっており、王子の可愛いマスクが色気のある甘いマスクに。ステキじゃないですか^^

二人とも青年期に突入。いわゆる成人?
えーーーー!?はやくない?
ベルアイル始めてからどのくらいの月日たちました?
日記を見直すと、6/13にキャラを作成しているもよう。。。あ、、、そんなにたってたんですね。

イン時間が少ないのか、まだ、全然、育ってないので、もう大人って、あせる。。。

でも、とりあえず、二人とも、成人、おめでとー^^
これでゲーム上、お酒が飲めるようになりましたーw(お酒はMP回復するらしいw)





さて、ビキニもできたことだし、国家ミッションの続きをしましょうか^^

これを、前に興味心で潜ったルーフ墓地に王子とPTを組んで潜り、墓石に渡し、聖水をいただいてくるというのが、今、私たち二人に課せられてるミッションなのです。





ま、前回、子供の冒険心から墓地を探検した模様はこちらに載ってるとおりですが、私はあっさり死んだわけです。

当時に比べると、王子は雲リベ一式セットが着用できる防御ステを身につけ、剣の腕もあがってます。

私はINTが60を超え、緑の魔術書が持てるようになり、光魔法のパワーがアップはしているものの、防御が0に近いですから、ま、一回殴られれば、変わらず死ぬでしょう。

でもぉ、ミッションの流れの一環だし、生産キャラが潜ってこなす任務なのだから、そんなに難易度は高くないはず^^









「・・・・・・・」

あまかったw
何ですかぁ?これぇ!!!!
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月08日

星に願いを

久しぶりのゲームの感じ。今週、忙しかったので、インできても露店見るだけ&王子とチャットだけで、遊べるの久しぶりって感じ^^

ビシバシ伐採に励んでいると、テロップが・・・
ベルアイルでの今夜、「願い星」にお願い事を送ると叶うかもしれないという。

「??」
そっかぁ、今日、七夕ですものね・・・。
でも、公式HPに告知もなく、何も書かれていなかったのでよくわからないけれど、ベルアイルの夜がふけると「願い星」に指名チャット(マビで言うささやきチャット)で、願い事を送ると叶うかもしれないということらしい。

・・・流れ星みたい^^





王子も私も、一応、送ったw
しばらくすると、下記テロップが流れる。
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月07日

キャラスキル割り振りに悩むぅ

ベルアイルWIKIや人様の日記を見周り、キャラ育成方向をしばし考える。
次のキャラ(我が子)にひき変わるとき、親からの継承スキル&ステータスは一番特化してるもの一つだけのよう。。。。

スキルは合計600%がMAXだし、ステータスは合計250がMAX。
どこにどれだけ割り振るかがキャラ特性のポイントで、マビのようにあれもこれもそれもとは、つまりあげれないわけみたい・・・

のちの子供への継承を考慮に入れると、中途半端にスキル持つより、何かを特化しておいたほうがいいよね、たぶん・・・



続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月05日

白の魔術書くださいぃ

私はベルアイルのこのちょっと哀愁がかった雰囲気が、とても好きです。
夕方になると、ついつい街の風景を見渡してしまいます。

この昼と夜の境目の空や、街灯がつき始める街の姿に、時空の狭間のような不思議な感覚を受けます。
(それはリアルでも、ベルアイルでも)





全チャで話す方々がそういらっしゃらないので、どことなく大人な静かな感じがするとこも好きです。
グラフィックの感じも英語のテキストの絵のような感じが、好みです。
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年07月01日

初の名入り製品

街のミッションの中で真言魔術のスキルを30%まであげてくれるものがあるのだけど、スキルステータス合計値が500%超えるともう教えていただけないらしい。

まだ300%代だったので、せっかくなので今のうちに魔法7種類全部あげとこうかなと思い、大司祭アリミーンさんにお会いしに行く。





光・時・風魔法はすでに習得していたので、地・氷・炎・闇と残り全部の魔法ランクをあげていただく。
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年06月29日

タッピー

アハダサ親方に言われたサンダルを作成し、国家ミッションの続きをしに王子とキャンプに向かう。

タッピーとか言うものを守らねばならないらしく、タッピーを呼ぶエサにサンダルを使うのだそうだ。





キャンプまでの道のり途中、魔法練習で遊ぶ。
王子が土の魔法を覚えてきたので、鑑賞w(ワクワク

魔法ってどんなグラフィックが出るのかと、最初に使用するとき、特に楽しみです。

サンダルをキファーフさんに渡すと、ヘンな生物が現れる。
「・・・・・え?あれがタッピー??」

5分間守り続けねばならないらしい。





王子が前に立ち守っている、あれがタッピーですよ。。。
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年06月28日

国家ミッション始めてみる

今日は火曜日だったのでマビでもよかったのだけど、夜おそめのインだったため、潜れる時間があまりなかったのでベルアイルにする。

「そろそろ国家ミッション挑戦してみたら?」と、ミッション斡旋所のおじさんに勧められていたので、わたし的には興味があることを王子に告げると、女王に会いに連れてってくれた。

私たちがウロウロしているこの街はアリアバートという国で、この国は女性が国王として君臨している。





仕官するとその国の国民になれ、銀行手数料がかからなかったり、他にも特典がいろいろあるみたい・・・

でも、国に仕官できるほどの能力をまだ備えていない王子と私。
未仕官のものが受けれるエントランスミッション、それが国家ミッションのことみたい。
なので、それを受けてみることに。

国家ミッションをクリアするためにはいくつものミッションをクリアしていかねばならないみたいだけど、戦闘系と生産系の人がPT組んですすめないと完了しないミッションがあるため、王子が戦闘系、私が生産系のミッションを受けることに。



続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年06月27日

農家娘脱却!?

フリマでこんなものを見つけてしまいました!!
おぉぉ、ティアラですよ、ティアラぁ!

宝石店でなくフリマで見つけるところがリアルならまさしく「おもちゃ」ですが、そこはベルアイル。
フリマといえどもちゃんとした職人さんが作っているもの(・・・のはず。

銅ってことは、銀も金も白金とかも、この先、見つけることになるのよね(ワクワク。





・・・・着用条件の国家ランク11。。。ってなに?

ま、そんな知識レベルですので、手にしたところで私が身につけれるものでもないのですが、こういう雅な装飾品は自分で買うなら、特にいらないのです。

プレゼントしていただいてこそ価値があるというもの・・・と感じる私は、本気で欲しくなったら王子にねだろう。。。。と、ハナからそう考えてウィンドウショッピングしている自分が私は好きw(えw

なので、値段ハッキリ確認していなかったことに、今、気づくw
確か、、、 2 のあとに 0 が5個か6個か7個か。。。パッと数えられない数でしたw

ま、私が着用できるくらいのステになった頃、王子が本気になればお金なんて、すぐよ、きっと、きっと^^





麦藁帽子、作ってみました。
黒の染料がなかったので、普通のになっちゃったけど・・・。
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年06月26日

ちょっと冒険

いつも焼き肉ばかりを作っているのだけど、スタミナが小しか回復しないので、レシピを調べるに、中回復は串焼き、香草焼きならしい。

串焼きは、お肉のほかにガーリックと唐辛子が必要で、香草焼きはキュアルートハーブとグリーンピースが必要とレシピに書かれてる。

・・・食材屋さんで材料買うのって、私レベルじゃまだまだ高いのです。
自給自足な民レベルなので、必要な野菜は摘みに行かないと・・・

でも、ガーリックは冬で、唐辛子は夏にとれるって・・・
えぇぇ!?じゃ、全部を自給自足って無理じゃないですかぁぁ。
だって、このゲーム、時と共に腐っちゃうのですよ、食べ物!! そんなぁ;;

とりあえず、季節が夏になってたので唐辛子を摘みに走ってくと、、、ここは墓地の近くならしい。
摘んでると・・・・なんか、スケルトンとかゾンビとか、夜になるとフラフラ歩いてる数が多い。。。





王子に告げると、墓地に潜ってみようかということに。

このゲームは魔法の種類が多くておもしろい。
王子は次々と新しい呪文を覚えてくるので興味深い。

ライフを増やしてくれる魔法を習得してて、それを唱えてくださりながら潜ってみることに。





とにかく暗いです。ハッキリ言ってよく見えません。
うっすらボンヤリ、ゾンビとかお化けらしきものが出てきます。

二人で倒して進めることは進めるみたいです、ここ。

途中で他のPTの方たちとスレ違います。
マビではダンジョン内は自分たちだけだったので、他のPTと会うということが妙に感じたw

いったい、ここは本来、何のために来るところなのでしょうw





部屋の中ほどに宝箱が。
ついクセで、開けたら魔物が出てくると身構えてしまう自分w





現段階の私のレベルなのか、このゲームの仕様なのかわからないけど、ダンジョン内のマップが見えないので、方向音痴の私は入り口がどこだったのかトンとわからなくなる。

そんなことを言ってたら、私、死んでしまったので、街に霊体帰還w
便利です、これw

死んで街復帰はアイテムを落とすらしいのですが、レベルの低い今の私にはそんなことが起きないので、一気に街にテレポートできて、逆に便利ですw

王子はテレポートの魔法を持ってたのですが、ダンジョン内では効かないことが判明;;
さすが、王子、自力で街に戻ってきました。

続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年06月25日

のどかな避暑地

この木星みたいな惑星は何なのだろう。。。

インするとドラブレの会が16時には出発するらしいよと王子から聞く。
なら、それまでにお金を稼ぎにイチゴ摘みを・・・

桜咲く、この春の時期はチェリーがとれないらしく、野いちごならしい。
野いちご探しに出かける。





やっと見つけたけど、、、、、イチゴが木になってるって、どういうこと??

摘んだイチゴを売りに食材屋さんに持ってくと、知らない方から直接指名で声をかけられる。

う。。。。だ、誰。。。?
恐怖におののきながら返事すると、ギルドの勧誘でしたw



続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年06月24日

こんにちは ベルアイル

初めてベルアイルの地におりたとき、冬でした。
真っ白な美しい一面の雪景色が印象に残っていたのですが、





一週間ぶりにINしてみると、、、、、
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル

2006年06月19日

働き者の私たち

今日でお試し日最後です。
王子と待ち合わせて、昨日に引き続き、この世界をいろいろ試してみる。

先立つものは食事でしょ・・・
人間、食べねば生きていけません。マビ、、、あれは異常ですw





まぁ、魔法のスキル上げ、戦闘練習、食材、いろいろな意味を込めて、ブタを倒す!





牛を倒す!

牛は強かったので、一匹だけ倒して戻る(スゴスゴ
まだまだ当然弱者な私と王子w

王子がたくさんお肉を調達してくれてたので、料理スキル上乗せエプロンをはおり、料理をしに工房へかけてく私。





とりあえずまだ焼肉しか作れない料理下手な嫁(ここではまだ嫁じゃないのか)。
ラム肉もうさぎ肉もブタ肉も出来上がりは全部、「焼き肉」です。

成功率も低いので、せっかく王子たくさんとってきてくださっても、半分もできないたらーっ(汗)
毎日毎日焼き肉をお弁当に持って出かける日々w





お金がないことには魔法を唱えるための紙すら買えません。

木を切って丸太を売る私たち。
チェリーを摘み取って売る私。
鉱石を掘って売る王子。
続きを読む
posted by Velvety at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルアイル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。